UMI UMA | 東北の海のうまい物が集うサイト

Chef’s RECIPE@ホーム

やわらかい仔牛ロース肉、うにのザバイヨンソース

その他

メイン料理

日本酒

あぶったうにと泡立てた卵黄のコクのあるソースがやわらかく仕上げられた仔牛ロース肉と相性抜群です。

レシピを作った人

IL GHIOTTONE笹島 保弘

関西のイタリアンで修業後、ラトゥール、ラヴィータ宝ヶ池のシェフを経て、イル・パッパラルドへ。2005年「京都発信のイタリアン」を目指し、丸の内にオーナーシェフとしてイル ギオットーネを開店。07年イタリアで開催された料理サミット「イデンティタ・ゴローゼ」に日本人として初参加。現在、TV・雑誌などのメディアでも活躍中。

分量
2人分
調理時間
30分
分量
2人分
調理時間
30分

材料

うに
80g
仔牛ロース肉
卵黄
3個分
塩こしょう
適宜
寒じめほうれん草
80g
無塩バター
大さじ1
黒にんにくとじゃがいものピュレ
適量

手順

  1. 仔牛ロース肉は低温のオーブンでじっくりと火を通す(12〜15分間)。仕上げに炭火で炙って香りをつける。塩こしょうをふる
  2. ボウルに卵黄とうにを入れて湯せんにかけ、泡立て器で泡立てる。塩をしてもったりとするまで泡立てる。最後にうにを少し加える
  3. 皿に黒にんにく入りのじゃがいものピュレ、少量の無塩バターでサッと炒めた寒じめほうれん草を盛り付ける。仔牛ロースを乗せ、たっぷりのうに入り卵黄ソースをかけ、バーナーであぶる。

備考

メイン料理の人気レシピ